角島総本家

TEL
お買い物はこちら

角島観光ガイド

角島(つのしま)は、山口県下関市豊北町に属し、日本海(響灘)に浮かぶ島。山口県の北西端。北長門海岸国定公園に含まれる。

角島の地理

本州とは海士ヶ瀬戸で隔てられていたが、2000年に1780mの角島大橋が竣工。離島へ架けられた一般道路橋としては群を抜く存在である(沖縄県の古宇利大橋に次ぎ全国第2位)。
島の北西に位置する夢ヶ岬に角島灯台が立ち、島のシンボルとなっている。
戦前は下関要塞地帯の一角として旧日本陸軍の砲台陣地が置かれていた。現在も一部の遺構が残っている。

角島灯台

角島灯台

多くの灯台を設計した英国人、リチャード・ヘンリー・ブラントンによる、日本海側では初の洋式灯台。1876年(明治9年)初点灯。高さ43m、光達18海里。
レンズは日本でも6箇所しかない特大のフレネルレンズで、第1等灯台に指定されている。あとの5灯台は、犬吠埼(千葉県)、経ヶ岬(京都府)、日御碕(島根県)、室戸岬(高知県)、沖ノ島(福岡県)。
見学も可能な参観灯台である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

角島大橋

角島大橋

北長門海岸国定公園内に位置することから、橋脚の高さを押さえ、周囲の景観に配慮した構造となっている。また、架橋ルートの選定にあたっては、本土と角島の中間に位置する鳩島に橋脚を建設する案も検討されたが、自然景観保護の観点から島を迂回する現在のルートが採用された。このような取り組みが評価され、2003年(平成15年)には「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

角島観光ガイド
角島動画集

お取り寄せ

完熟

粒うに、塩うに、練りうに等のうに製品、わかめ、海苔、こんぶ等の海藻類製品
じゃこ、し等の海産物干物、イカの一夜干し等の海産物加工品、地物のお菓子等

お買い物はこちらから
熨斗について